Suzuka Road Top
Event Home


ライブ中継ビギナーレース講習会MC紹介クールダウンシャワーレース速報優勝記念カレンダーテクニカルサポート


レース実況はもちろん、知っ講座の様子もスマートフォンやタブレット、パソコンで見ることができる「ネット中継」が今年も行われました。大会に参加できなかった人も鈴鹿ロードの雰囲気を味わえる嬉しいサービスです。
レース中継では“1時間サイクルマラソン”のスタート&ゴールシーン、白熱のレース展開をみせる“5ステージ・スズカ第5ステージ”や“シマノ鈴鹿国際ロードレース”など、見応えたっぷりの映像が展開されました。観戦エリアからは見られない映像もあり、ネット中継に釘付けの参加者もいました。また、知っ得講座では絹代さんの“チャリーナ、集まれ!”を配信、さらには元気なキッズ達がホームストレートを駆け抜ける“バンビーノ”など、鈴鹿ロードの楽しさが伝わる映像が次々と配信されました。




レースでは大人数が密集してハイペースでの集団走行を行うため、常に危険と隣り合わせ。そのことに不安を感じる初心者も少なくありませんが、ちょっとした心がけ次第で危険度がグッと減るのもまた事実です。そこで、安全にレースを楽しんでもらおうとビギナークラス出場者やレース経験の浅い人を対象に行われているのがビギナーレース講習会です。
講師はかつてシマノレーシングの選手として活躍し、鈴鹿サーキットのコースを熟知している株式会社シマノ広報部の江原政光氏。「転倒事故には人が要因となるものと場所が要因となるものがある」と指摘し、「人が原因となる事故を防ぐには自分のまわりに走っている人がいることを意識し、急が付く動作をしないことが大切」と説明。また、危険箇所では西ストレートからスプーンカーブの上り返しを例に「上り返しは集団の先頭が遅くなりやすく、そこに後続の選手が突っ込んで事故になるケースが多い。集団前方のペースの変化を見ることが大切」などと説明しました。
ビギナーレース講習会の導入以降、同クラスでの転倒事故はほぼゼロになるなど、効果が現れています。ビギナークラス参加者だけでなく、集団走行に不安を感じる方の受講も大歓迎です。




今年はDJがらぱさんと絹代さんの“鈴鹿ロード・名MCコンビ”が復活!熱く盛り上がる会場内をさらにヒートアップさせる実況中継が繰り広げられました。解説では元シマノレーシングの今西尚志さんも加わり、レースを安全に楽しむためのワンポイントアドバイスやレーステクニックの紹介などを交えながら楽しませてくれました。また、国際ロード招待選手のインタビューも行われ、MCブースの中継や解説をうなづきながらじっと聞き入る参加者も。MCの絹代さんは「選手の皆さんから熱い反応が返ってくるので、楽しんでもらえてると実感しました。がらぱさんとのコンビネーションで、これからも皆さんに楽しんでもらえるようがんばります!」とコメントしてくれました。鈴鹿ロードをさらに盛り上げてくれるMC実況、来年も期待しています!
※右の写真は表彰式と抽選会を盛り上げてくれた表彰スタッフの皆さんです。



毎年レース終了後に賑わう鈴鹿ロード名物・クールダウンシャワー。普段は熱中症対策でレース前後に大賑わいなのですが、大会は両日ともあいにくの雨模様。今年は活躍の場がないかと思われましたが、ふたを開けてみるとレース後の汗を流しに来る選手達で賑わいました。ジャージを脱いで気持ち良さそうにシャワーを浴びながらライバルやチームメイトと談笑する姿もみられ、全力でレースに挑んだ選手達の爽やかな笑顔があふれていました。



スマートフォンやタブレットで周回タイムや順位をリアルタイムでチェックできる“ラップクリップ”。応援しているチームメイトやご家族の方が、ボディナンバーを入力するだけですぐにチェックできるという嬉しいサービスです。レース終了後に貼り出されるリザルト掲示板は大勢の方が集まるので、なかなか見られない…という方も、いつでもどこでもすぐチェックできるとあって、参加者のみなさんに大好評!「周回毎のタイムをしっかりチェックして、来年のレースのためにペース配分をしっかり把握して対策を立てるつもりです」という熱心な姿も見られました。
レース速報(ラップ一覧チェックサイト「ラップクリップ」) ●大会リザルト(シマノ公式・PDF版リザルト)



富士ゼロックス株式会社様のご協力で、今年も優勝者に「記念カレンダー」が進呈されました。富士ゼロックススタッフが表彰台の感動シーンを撮影し、すぐさま写真をパソコンに取り込みフォトカレンダーを作成、あっという間にプリントアウトしてプレゼントしてくれます。お子さんの表彰シーンが写ったカレンダーを手にしながら満足そうに微笑むお父さん、お母さんの姿も見られました。中でも初優勝を果たした選手は「ずっとこれが欲しかったんです。ようやく手に入れました!」と満面の笑顔でフォトカレンダーを受け取っていました。




会場で出走前にマシンの不調に気付いたときに頼りになるのがシマノテクニカルサポート。シマノメカニックが出走前の緊急トラブルに対して応急処置を行い、必要な場合は有償での部品交換も行います。
持ち込まれるトラブルで多いのは、やはり変速不良。変速機の調整だけで済むケースもありますが、中にはリアエンド金具が曲がっているケースも。こういった場合はエンド金具の交換が必要になりますが、現場でできることは限られており、すべての修理に対応できるわけではありません。
また、時々見られるのが、決戦用のカーボンチューブラーホイールに付いているタイヤがパンクしていたというトラブル。こうしたケースは、事前に点検することで防げます。
チーフメカニックの坂東晃さんは「事前にショップで点検・整備してもらって、万全な状態で出走してほしい」と呼びかけています。