シマノ・バイカーズフェスティバル

大会当日の流れ(60分XCマラソン+)

1. 入場時に検温・リストバンド確認・健康確認書の回収・計測チップチェックを行います。

●「すぐにレースに参加できる服装・機材(ナンバー・計測チップ取付け)」を整え、「健康確認書」にご記入の上ご持参いただき、飲料や補給食を除く身の回り品などを持たずにご来場ください。

※ボディナンバー/バイクナンバー/計測チップ/健康確認書/リストバンドなどは事前にお送りいたします。

※携帯品は会場外の富士見パノラマリゾート内のコインロッカーなどに保管をお願いします。どうしても携帯が必要な物につきましては、車両規定において使用を可としているサドルバック等をお使いください。


身体への装着は、転倒時に自身の身体を傷つける可能性があります。絶対におやめください!


※マスクを着用の上、ご来場ください。会場内では競技中以外は熱中症に注意しつつ、マスクを着用してください(熱中症対策についてはこちら)。

●ご入場可能な時間は種目ごとに異なりますので、大会スケジュールをご確認の上ご来場ください。

※会場内は入場管理区域とし、対象の参加者以外は入場できません。リストバンドの色を確認し対象の参加者のみご入場いただきますので、忘れずに手首に巻いてお越しください。

●検温/健康状態の確認時に体温が37.5度以上の方はご入場をお断りいたします。

※検温を済まされた方に「検温済みリストバンド」をお渡ししますので、手首に巻いてご入場ください。
※場外でウォーミングアップをされ、時間を空けずに会場入口での検温に臨まれると高い値を示す場合もあります。その場合でもご入場をお断りしますのでご注意ください。

●計測チップの動作確認を行います。

※今大会はこれをもって参加者受付の代わりといたします。

●万一の緊急トラブルの際には、テクニカルサポートをご利用ください。

※参加者ご自身で行う点検・整備をサポートするセルフメカニックコーナー、出走直前のトラブルに応急処置を施すシマノテクニカルサポート、部品交換しなければならなくなった場合のメカニックコーナー(有償)のサポート体制があります。



2. コースを試走してコンディションをチェック

●試走時間内にコースを試走してください。

※試走時間は大会スケジュールをご確認ください。
※会場内にウォーミングアップを行う場所を設けませんので、試走をウォーミングアップとしてお使いください
※試走の際も必ずヘルメットとグローブを着用してください。

●試走でコースコンディションや体調をチェックしてください。

※コースの起伏やコーナーの曲がり具合、路面状態など、試走しないと分からないことも少なくありません。また、試走中に愛車の思わぬ不具合が見つかることもあります。特にレース初参加の方は必ず試走してください。
※雨の日にはベテランライダーの方も最低1周は試走されることを強くおすすめします。雨の日の路面コンディションが乾いた路面とどのように違うのかをしっかり確認しておいてください。
※試走で得た情報を頭に入れておけば、レース本番でも落ち着いて走れます。このゆとりが転倒を防ぎ、安全にレースを楽しめることにつながります。

●会場を一時退出する場合は「会場出口」から、再入場は「会場入口」からお願いします。

※再入場される際にリストバンドの確認を行いますので、全てのレースが終了するまでリストバンドを外さないでください。



3. 招集開始時間にXC招集エリアへ

●装備を確認し招集開始時間にXC招集エリアに集まってください。

※クラスによって招集開始時間が異なりますので、大会スケジュールをご確認ください。

●スタート地点で整列を行います。

※予選:事前に案内されたスターティングリスト順に出走します。
※決勝:予選上位10名はタイムが良い順に、11位以降は先着順でスタート位置を決めます。
※参加者招集は1列当たりの人数を5名から約3名に減らし、選手間のフィジカルディスタンスを確保いたします。



4. レース終了後は速やかにご退場ください。

●レース終了後は「レース種目 入場管理区域」に入れませんのでご注意ください。

※会場内には準備・休憩・観戦場所は設けていませんので、速やかにご退場ください。
※クラスによって滞在可能時間が異なりますので、大会スケジュールをご確認ください。

●計測チップを「計測チップ回収所」にてご返却ください。

※ゴール後の計測チップはこれまでどおり会場内で回収いたします。当日来場できなかった方や返却を忘れた方は、事前にお送りした封筒でご返送ください。
※返却されなかった場合は後日、大会事務局より製作実費(5,000円)を請求いたします。





ページのトップへ戻る