シマノ・バイカーズフェスティバル

ナンバー・計測チップ取付け

ボディナンバー/バイクナンバー等の取付け方法

ユニフォームと自転車の所定の位置にそれぞれボディナンバー&バイクナンバーを取り付けます。ボディナンバーは背中から見て体の右側(下図参照)に取り付けてください。

※ボディナンバー/バイクナンバー/計測チップ/リストバンドなどは事前にお送りいたします。大会当日は「すぐにレース/ツーリングに参加できる服装・機材」を整え、「健康確認書」にご記入の上ご持参いただき、飲料や補給食を除く身の回り品などを持たずにご来場ください。

ご注意

計測チップはサイクルコンピュータのセンサーを装着しているフロントホークの反対側に取り付けてください。センサーと計測チップを近くに取り付けると、どちらも作動しなくなる場合があります。

ヘルメット

(財)日本自転車競技連盟公認のヘルメット(JCFシール付き)を着用してください。 ヘルメットは浅くかぶったりあみだかぶりや深すぎるかぶり方はやめて正しくかぶること。走行中にずれたり外れたりしないよう、あご紐をしっかり結んでぐらつかないように固定します。

※JCF公認以外に、EN規格、CPSC規格、ANSI規格、Snell規格も認めます。違反者は出場を認めません。

グローブ

着用を推奨します。

バイクナンバー

バイクナンバーは前方からよく見えるように結束バンドで3箇所を固定してください。取り付け後の余分な結束バンドは切り取ってください。

計測チップ

ハブから上に15cmほど離して取付けてください。

ボディナンバー

乗車した姿勢で番号が真っ直ぐになるように安全ピンで4箇所を留めてください。ボディナンバーは背中から見て体の右側(上図参照)に取り付けてください。ボディナンバーの周囲を折りたたんで小さくしたり、変形させたりすることを禁じます。イラストを参考に、シワにならないよう注意してください。

ソックス

着用を推奨します。



■ボディナンバー&バイクナンバーは正しく取付けてください。〈ゴール地点をビデオ撮影しています〉
ボディナンバーの取付け位置が悪かったり、シワになったり、めくれたりして番号が読みとれなくならないように注意してください。バイクナンバーが見えにくく確認できない位置に取り付けることのないようにしてください。

■ゴール時にバンザイをしたり、後ろを振り返ったりしないでください。

ゴール時の乗車姿勢が悪いと番号の読み取りができなくなるばかりではなく、落車の原因にもなり、大変危険ですので十分注意してください。


計測チップ

計測チップの取扱いについて




●計測チップは事前送付
事前に計測チップセット(計測チップ、結束バンド2本)をお送りいたします。
固定式計測チップに貼られているご自分のお名前を確認してから、使用する自転車のフロントホークの所定の位置に固定してください。


計測チップの返却について

計測チップは必ず返却してください。

レース終了後またはツーリング帰着確認後、計測チップを「計測チップ回収所(会場マップ参照)」に返却してください。
当日来場できなかった方や返却を忘れた方は、事前にお送りした封筒でご返送ください。
返却されなかった場合は後日、大会事務局より製作実費(5,000円)を請求いたします。


ヘルメットの正しいフィッティング方法

ダイヤルを全開にする

後頭部にある調整用のアジャストダイヤルを回して、まずは締め付け部分を最も開いた状態にする。その状態でヘルメットをかぶる。


前頭部を押さえながらダイヤル調整

ヘルメットの前側を押さえて額がしっかりと接する状態を維持しながら、アジャストボルトを締め込んでいきフィットさせる。


マユから指1本分

ヘルメットをかぶる深さをチェックしよう。額が露出しすぎないように目深にかぶる。マユとヘルメット端が指1本空く程度に。

ぐらつかないか確認する

ストラップを締める前にぐらつきがないかをチェックする。両手を離して頭を軽く振ってみてヘルメットが動かなければOK。

ストラップは指2本分のスペース

首のストラップの長さを調整。直立した状態で指2本が入る余裕があれば、前傾したときに苦しくならないのでちょうどいい。


©サイクルスポーツ
2016年6月号 特別付録 〈2016春夏サイクルウエア&ギアカタログ〉

その他注意事項

■ツーリングの装備
ツーリングに参加される方は、走行中に必要な飲料、食料、工具、パンク修理キット、雨具などは必ず各自で携行してください。また、標高の高い地域ですので防寒対策も考えた準備をしてください。

■キャンセルについて
キャンセルの受付はいたしません。 お申込み後の参加料の返金はできませんのでご了承ください。

■当日の変更
大会当日に競技の進行やコースレイアウト、競技ルールの変更が予告なしに行われる場合があります。また、天候やその他によって、競技を打ち切ることがあります。

■自転車の管理
自転車の管理・盗難防止は必ずご自身でおこなってください。主催者はその責任を一切負いません。

■救護・事故届け
大会や競技中に発生した事故による負傷については応急処置はしますが、その後の処置は本人の責任とします。また、事故の大小にかかわらず必ず主催者(救護所)に届け出てください。

■走行中の禁止事項
レース・試走にかかわらず走行中の写真撮影や携帯電話の使用、携帯プレーヤー・ラジカセ等で音楽を聴きながらの走行は禁止です。

■走行中の撮影について
レース・試走を問わず、次の場合に限り動画撮影を認めます。
自転車のハンドルバーに進行方向のみ撮影するよう固定して撮影すること。
走行中にカメラを操作することを禁止。
液晶画面などのモニター付きカメラは使用禁止。

※ヘルメットや人体の一部にカメラを取り付けて撮影することを禁止、また進行方向のみの撮影を可とし、後方の撮影を目的として取り付けることはできません。


ページのトップへ戻る