シマノ・バイカーズフェスティバル

競技実施要項

競技について

すべての競技者はルールを厳守して、安全走行を心がけましょう。

シマノ・バイカーズフェスティバルのマウンテンバイク競技は、(公財)日本自転車競技連盟(JCF)の規則に準じ、本大会の特別規則によって実施します。従って、本大会特別規則は本大会固有の規則であり、他の競技大会に適用されたり、先例となるものではありません。《日本自転車競技連盟 / 競技規則

1.コミュニケ(声明書)

●競技に関する情報は会場内の掲示板、またはLAP CLIPでご確認ください。

2.参加資格

●各種目とも年齢および性別などで参加条件を制限しています。

※参加資格を偽り、不正にレースに出場した場合は失格となります。また表彰終了後に発覚した場合は、表彰の全てを返却していただきます。

3.携行品の制限

●競技者はスペアタイヤ、修理用具、メガネ、腕時計は携行できますが、ガラス容器、その他危険物は携行できません。

4.食飲料の携行と補給

●競技者は競技中に携行した食飲料を飲食することはできますが、アルコール類、興奮剤等の薬品を用いることはできません。

●エンデュランス、XCマラソンはフィードゾーンでの水の補給を認めます(フィードゾーンはエンデュランスのピットエリアの一部)。ただし、他の競技者の走行を妨げないようにしてください。

5.機材

●コース上で自転車が故障した場合は自力で修理して競技を続行できます。また、競技者間でポンプやタイヤチューブの貸し借りは認めますが、部品の交換はできません。

●競技参加には事前に安全点検・車両整備を行なっている自転車のみ競技に使用できます。レース走行に必要な性能を備えていない自転車や車両規定に違反している自転車は、競技に使用できません。

6.ヘルメット

●(公財)日本自転車競技連盟公認ヘルメットを必ず着用してください。
自転車用ヘルメットは強度、バランスに優れている上、汗を発散させやすいように設計されています。 頭部の保護と安全のために、必ず(公財)日本自転車競技連盟公認ヘルメットを着用してください。

《日本自転車競技連盟公認ヘルメットについて》

※JCF公認以外に、EN規格、CPSC規格、ANSI規格、Snell規格も認めます。
※小学生以下に限り保護者の責任において上記認証またはSG規格のヘルメットの着用を認めます。
※上記条件以外のヘルメットは使用出来ません。

7.ウェア、ナンバーの装着規定

●競技者は指定された場所(ナンバー取付けのページ参照)にボディナンバー、バイクナンバーをつけて競技しなければなりません。

●サイクリング用シューズ、あるいは競技に適したスポーツシューズを使用し、体を保護できるサイクルウェア(それに準ずるスポーツ用ウェア)と手袋の着用を推奨します。プロテクターの装着は自由です。

●DH、チームDHに出場する選手はフルフェイスヘルメット、指付グローブ、プロテクターの着用を義務付けます。

●DHエンデューロに出場する選手はフルフェイスヘルメット、指付グローブ、プロテクターの着用を強く推奨します。

8.競技の続行

●何等かの理由で下車した競技者は、他人の援助を受けることなく、自転車を担ぎ、あるいは押して競技を続行することができます。

9.競技の中止命令

●競技中、競技役員および医師から競技の中止を命ぜられた場合、 選手はその指示に従い直ちに中止してください。

●天候の急変や重大事故などの発生で、競技の続行が不可能と競技役員が判断した場合、競技中止の宣言がされます。競技中に「競技の中止」が決定された時は、その時点の先頭のチェックライン通過周回数で順位を決定します。

10.競技中のトラブル

●競技中にコースマーシャルからイエローフラッグの提示が行われた場合、前方で事故や停滞が起っています。直ちに走行スピードを減速し、マーシャルの指示に従ってください。

11.判定

●着順、タイム測定等に関する意義の申し立ては受け付けません。



競技実施要項:XC / エンデュランス

1.コースと走行距離

●エンデュランスと30分XCマラソンは、ゲレンデに設けられた距離約1050m(高低差26m)のXC特設周回コースを使用します。

●60分XCマラソン、ファットバイク60分XC、シングルスピード60分XC、ビギナーXCは、ゲレンデに設けられた距離約740m(高低差15m)のXC特設周回コースを使用します。

●キッズXCの4-6年生クラスは、ゲレンデに設けられた距離約670m(高低差8m)のXC特設周回コースを使用し、10分間で何周するかを競います。(1-3年生は距離約340m(高低差4m)のコースを使用し、5分間で何周するかを競います。)両クラスとも同一周回数の場合は先着順位を優先します。

●ドロップハンドル90分エンデュランスは距離約790m(高低差14m)の専用特設周回コースを使用します。

●各種目の周回数および走行距離もしくは規定時間は本大会の定めによって行ないます 。

2.競技の開始

■集合
●競技者は必ずスタート前のライダーズミーティングに出席してください。

●競技スタート10分前までには、決められた集合場所に集まってください。

●スタートの出走位置
キッズXCはボディナンバー順にスタート地点に整列します。
XCマラソンとエンデュランス、ビギナーXCは先着順です。

■スタート
●全クラスともスタートラインからの一斉スタートとします。

■エンデュランス(チームクラス)について
●チーム用計測チップを必ず足首に巻きつけてスタートしてください。

●ピットエリアでの接触事故には十分気をつけてください。

※応援・観戦は待機エリア内から出ないようにしてください。
※選手交代は必ず待機エリア内で行ってください。
※ピット内の走行エリアで進路変更をする場合は後方の安全を確認してください。

●選手交替エリア以外での走者交替は認められません。

●コースおよびピットロード上での第三者によるチーム用計測チップの受渡しは認めません。走者はピットエリア内で必ず停止してから次走者に直接手渡ししてください。競技役員の警告を無視して違反を繰り返したチームはペナルティーを科します。

●一人の競技者が連続して複数の周回を走ることは自由です。

●チームメイト間の自転車の交換は認めます。ただし、整備された自転車で車輛規定に適合したものに限ります。

●2時間・4時間エンデュランス、ドロップハンドル90分エンデュランスは規定時間が経過する5分前にピットを閉鎖します。閉鎖後は選手交代できません。

●スタートして規定時間が経過した時点で、競技は終了します。ただし、競技状況から判断して、終了時間は競技審判長が決定する場合があります。

●日曜日に実施される30分XCマラソンペアクラスはチームメンバー2名が同時にスタートし、同一周回数を重ねたのち2番目にゴールした選手のタイムを記録とします。チームメンバー同士の周回数が異なる場合は失格です 。

競技実施要項:ドロップハンドル90分エンデュランス(ソロ/チームクラス)

1.コースと走行距離

●ドロップハンドル90分エンデュランスは距離約790m(高低差14m)の専用特設周回コースを使用します。
コースを一部変更(スタート時のコース)いたしました。(2022年6月16日更新)

●各種目の周回数および走行距離もしくは規定時間は本大会の定めによって行ないます。

2.競技の開始

■集合
●競技者は必ずスタート前のライダーズミーティングに出席してください。

●競技スタート10分前までには、決められた集合場所に集まってください。

●スタートでの並び順について
ボディナンバー順にスタート地点に整列します。


■スタート
●ル・マン式スタートを採用します。
第1走者/ソロ選手は自転車をコース上の自転車待機エリアに置き、スタッフの誘導でスタートラインに自転車無しでボディナンバー順にお並びください。

スタートラインからのランでの一斉スタートとします。選手はご自身の自転車に駆け寄り走行を開始してください。


3.チームクラスについて

●チーム用計測チップを必ず足首に巻きつけてスタートしてください。

●ピットエリアでの接触事故には十分気をつけてください。
※応援・観戦は待機エリア内から出ないようにしてください。
※選手交代は必ず待機エリア内で行ってください。
※ピット内の走行エリアで進路変更をする場合は後方の安全を確認してください。

●選手交替エリア以外での走者交替は認められません。

●コースおよびピットロード上での第三者によるチーム用計測チップの受渡しは認めません。走者はピットエリア内で必ず停止してから次走者に直接手渡ししてください。競技役員の警告を無視して違反を繰り返したチームはペナルティーを科します。

●一人の競技者が連続して複数の周回を走ることは自由です。

●チームメイト間の自転車の交換は認めます。ただし、整備された自転車で車輛規定に適合したものに限ります。

●90分が経過する5分前にピットを閉鎖します。閉鎖後は選手交代できません。

●スタートして規定時間が経過した時点で、競技は終了します。ただし、競技状況から判断して、終了時間は競技審判長が決定する場合があります。

4.ショートカットチャレンジゲームについて

●レース中にコースをショートカットできるチャレンジゲームを行います(参加は任意)。

●実施期間:レーススタート後30分より30分間(何度でも参加可能)

●実施場所:ショートカット分岐の場所

●実施方法:棒くじ引きを使用。〇ならショートカット、×なら通常コースを走行。


競技実施要項:DH / チームDH / DHエンデューロ

1.コースと走行距離

●DHとチームDHは距離約1070m(高低差187m)のDH特設コースを使用して行います。

●DHエンデューロは距離約2190m(高低差202m)のDHエンデューロ特設コースを使用して行います。

2.競技の開始

■集合
●必ず事前に自分のスタート時間を確認してください。また試走は必ず行ってください。

●スターティングリスト順に並んでください。
第1ヒートのスタートに遅れた選手は、第1ヒートに出走できません。ただし第2ヒートの最後に出走できます。第2ヒートのスタートに遅れた選手は、第2ヒートに出走できません。
第1ヒートにも出走していなければ記録なしとなります。

■スタート
●スターティングリスト順に行います。

●DHはスターティングリスト順に1分間隔で1名ずつスタートします。(第2ヒートは30秒間隔)

●DHエンデューロは土曜日9:00から行います。スタートはスターティングリスト順に1分間隔で1名ずつスタートします。

●チームDHは土曜日15:30スタートの1回のみの競技です。チームは2〜3名1チームで編成します。スタートはスターティングリスト順に1分間隔で1チームずつスタートします。


3.記録

●第1ヒート、第2ヒートのうち、どちらか良いタイムを採用し、記録といたします。

●チームDHの記録は2番目にゴールした選手のタイムがチームの記録となります。

●チームDHとDHエンデューロはタイムトライアル方式で、1回のみの競技記録で競います 。


4.リフト注意点

●DHとチームDH、DHエンデューロ参加者は、リフトでスタート集合地点まで移動します。リフト乗車の際は、係員の指示に従ってください。リフト上での危険行為は厳禁です。また、物を落とさないよう十分注意してください。

●DHとチームDH、DHエンデューロはスタート地点まではリフトで13分ほどかかります。混雑する場合もありますので、時間に余裕をもってご利用ください。

その他 / 補足注意事項

計測チップ

●計測チップの詳しい取り扱いについては、当日お渡しする取扱説明書をよくお読みの上、取付けてください。

会場インフォメーション

●当日はスケジュール等変更する場合がありますので、つねに会場インフォメーション(場内放送およびスケジュールボード)で確認してください。

●会場内はゴミ箱を設置しておりません。ゴミは各自責任を持ってお持ち帰りください。


ページのトップへ戻る