シマノ・バイカーズフェスティバル

八ヶ岳/南アルプス山麓は古代から黒曜石の産地で全国に流通していたと言われています。また平安時代から朝廷の直轄である「御牧(牧場)」として、山鹿・塩原・岡屋・萩倉の4牧があり、入笠山を越え繁殖させた馬を京都まで運んだと言われています。また武田信玄が軍用道路として開発をしたと言われている「棒道」や五街道として名高い甲州街道もこのエリアを通り、巨大な一里塚なども現存しています。「道」は文物や人々の交流の舞台となってきましたが、人口密度が縄文時代には日本一であったとも言われる八ヶ岳/南アルプス山麓、諏訪エリアでは古代から多くの道があったのですね。


堤防


富士見町富士見_宮川堤防


その他


茅野市泉野_水車小屋


茅野市泉野_野菜畑


街道


富士見町富士見_御射山神戸一里塚


富士見町富士見_甲州街道古道痕跡


富士見町富士見_富士見公園



ページのトップへ戻る