シマノ・バイカーズフェスティバル

水1

■八ヶ岳/南アルプス山麓を走っていると良く目に付くのが「綺麗な水」です。南アルプスや八ヶ岳山麓の川は山が削られた谷底深くを流れていることが多いため、容易に利用することができなかったと言われています。その代わりに利用されたのが「湧水」です。この「湧水」は生活用水以外にも農耕に利用されてきましたが、湧水だけでは足りず200年程前から川の水をの「堰」「汐」(せぎと呼びこのエリアでは用水路をさします。)が作られ、田畑で利用されました。ただ水温が低いため、ため池に貯水して水温を上げてから利用することも多かったようです。これらの「堰(用水路)」から派生して伸びる用水路も数多く見られ、このエリアでは清らかな「水」が目に付きやすいと言われています。
■八ヶ岳が火山群であること、ご存じの方も多いかと思います。火山の恩恵の一つには温泉がありますが、諏訪湖の近くに上諏訪や諏訪大社上宮周辺には多くの温泉があり、地域の方々が利用しています。
■急な斜面を流れる川は、時には「荒れ川」となって地域の住民を苦しめました。そのためこのエリアの川には、砂防ダムや落差工と言われる水勢を落とすための構造物が作られています。



富士見町富士見_権現橋


温泉


諏訪市湖岸通り_片倉館


諏訪市中州_神宮寺温泉


堰_汐_井筋


富士見町乙事_立場川乙事堰_稗ノ底


富士見町富士見_神戸堰



ページのトップへ戻る