シマノ・バイカーズフェスティバル

大会について

第30回シマノ・バイカーズフェスティバルについて

南アルプスと八ヶ岳連峰に囲まれた諏訪/八ヶ岳エリアは、標高1,000〜3,000mの天空に、秋から翌春にかけて「八ヶ岳ブルー」と呼ばれる、抜けるような青空が広がります。そんな「八ヶ岳ブルー」が広がる秋の10月9日(土)~10日(日)の二日間、長野県諏訪郡富士見町の富士見パノラマリゾートをメイン会場に、南アルプス/八ヶ岳山麓の山岳・高原・里山・田園エリアを舞台とした、「第30回シマノ・バイカーズフェスティバル」を開催いたします。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、昨年大会史上初めての開催中止となりましたが本年度は、コロナ禍におけるサイクルイベントの開催という「自転車文化を育てるイベントの意義」と「それに伴う責任」を十分に理解しながら、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針及び公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本自転車競技連盟のガイドラインに基づいた上で、長野県/富士見町の方針に反しないことを前提として実施いたします。
「シマノ・バイカーズフェスティバル」に参加・参画するすべての方々におかれましては、「コロナ禍におけるサイクルイベントの開催」という社会的な意義と、それに伴う責任をご理解いただき、安全・安心な大会となるよう、各種対策へのご理解とご協力をお願いいたします。

※この大会実施の方針は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況、社会状況などに応じて、随時改定してまいりますので、最新の情報にご留意くださいますようお願いいたします。


大会参加について

参加資格

参加資格を15歳以上*とします。本年度は三密を避けるためレース会場/ツーリング会場への入場は参加者のみに制限いたします。小中学生につきましては、参加者に保護者の帯同が必要と考え今回は実施いたしません。
*…15歳以上:2021年1月1日時点で15歳以上、または大会当日で高校生以上の方


種目

レース系では、一昨年度の個人種目/チーム種目合わせて「17種目43レース」から、本年度は個人種目に限定し「2種目7レース」で実施します。
ツーリング系では、一昨年度の「17種目25メニュー」から、本年度は「2種目3メニュー」に限定し実施します。


レースについて

60分XCマラソン+(プラス)

●従来の「60分XCマラソン」を発展させ、「60分XCマラソン+(プラス)」として実施いたします。

●一昨年度同様に男子は39歳以下、40歳以上の2カテゴリー、そして女子の部も合わせた3カテゴリーを設けます。

●第1ステージのショートコースTT(予選)と第2ステージのロングコース(決勝)の2レースそれぞれの順位によってポイントを付与し、予選と決勝の総合成績で勝者を決定いたします。

●これまでは、「招集エリアにおける先着順」でスタート位置を決めておりましたが、本年度は自動車レースのF1でおなじみの、予選=「第一ステージのショートコースTT」でのタイムが良い順にスタート位置を決める方式(グリッド方式)を採用いたします。

●なお本年度は30回目の節目になりますので、30位の方には富士見町特産品の特別賞を贈呈する予定です。


DH(ダウンヒル)

その長い距離と変化に富んだコースから、最近「アジアのダウンヒルの聖地」と海外の方々に言われることも多い富士見パノラマリゾート。今大会も全長1.5km・高低差207mのバイカーズ特設コースを使用する予定です。

●本年度も2度のタイムアタックができ、どちらかのヒートで優れたタイムを自身の持ちタイムとする「2ヒート制」を採用いたします。

●一昨年度同様に、男子は39歳以下、40歳以上の2カテゴリー、そして女子の部に加え、リジッド限定クラスも設定いたします。

●なお本年度は30回目の節目になりますので、DHでも30位の方には富士見町特産品の特別賞を贈呈する予定です。



ツーリングについて

入笠山シークレットガイドツアー

●人気の入笠山シークレットガイドツアーを本年度も実施いたします。

●富士見パノラマリゾートのゴンドラで一気に山頂へ。湿原や高原の景色を楽しんだら、ガイドスタッフと共にとっておきのトレイルを下ります。

●上りが少なく、下りはテクニカルなコースが連続する、下り好きな方々にもご満足を頂くことのできるツアーを企画いたしました。


バイカーズロゲイン富士見町ライド

●富士見町を中心に自転車を使ったロゲイニング(ナビゲーションスポーツの一種で、地図をもとに時間内にチェックポイントを回り、得点を集めるスポーツ)を本年度も実施いたします。

●のどかな農村風景あり、激坂ありの山岳・高原・里山・田園エリアを舞台としたバイカーズロゲイン、本年度も宝探し感覚でお楽しみください。



サブイベント/その他について

出展社PRブース/試乗会/バイカーズマルシェ/その他サービス

出展者PRブースや試乗会、バイカーズマルシェ、ウェルカムパーティーなど全てのサブイベントは実施いたしません。


表彰式

表彰式は実施せず、表彰状/メダル/チャンピオンジャージなどについては、後日表彰対象者の皆さまにお送りいたします。


参加記念品

本年度は参加記念品のご提供はありません。



安全なレースを支える取組み

シマノサイクルスポーツイベントの目標は、安全・安心のサイクルスポーツイベントのご提供です。阻害する要因を抽出し、できる限りの対策を行い、皆さまをお迎えいたします。
ただ本年度は、「シマノ・バイカーズフェスティバル」に参加・参画するすべての方々におかれまして、「コロナ禍におけるサイクルイベントの開催」という社会的な意義と、それに伴う責任をご理解いただき、安全・安心な大会となるよう、各種対策へのご理解とご協力を切にお願いいたします。


整備された自転車でのレース参加の啓発

●大会当日に、テクニカルサポートで整備を受ける件数は「2019年/46件」と「2018年/41件」を比べると微増となっています。

●整備に不備があるとご自身だけでなく、他の多くの参加者へ大きな影響を与えることがあります。「必ずプロの点検を受けること!」「専門店でチェックをしてもらうこと!」・・・がレース・ツーリングに参加をするためには必要不可欠であり、大切なマナーです。こういった情報を、当ウェブサイトおよびシマノ・バイカーズフェスティバル公式Facebookページを通じてお伝えしてまいります。

●また万が一、大会当日に会場で自転車に不具合が起こった場合に備えて、レースメカニックとしての経験が豊富なシマノスタッフによるテクニカルサポートをご用意いたします。


救急医療体制

●これまでと同様に会場内の救護室の設置及び地域の医療機関との連携をはかります。

●救護室では医師/看護師が常駐し、万が一のケガの対応にあたります。状況により地域の中核病院への搬送や信州大学医学部付属病院のドクターヘリの出動を要請できる体制を構築しております。




ページのトップへ戻る