シマノ鈴鹿ロード

参加準備

お申込み後の流れ

1. 参加確認証を受け取る

大会事務局より公式通知となる「参加確認証」を開催7日前にお送りする予定です。大会当日まで大切に保管し、必ず会場に持参してください。
また当日は「緊急連絡先カード」もご記入の上、必ずご携帯ください。

2. 車両整備・安全点検

セルフチェックを普段から行うことで、いち早く異常を検知できることがありますが、基本的には点検・整備は自転車安全整備士、自転車技士、SBAA PLUSマーク認定者など専門知識を有する方々に行ってもらってください。(詳細:車両の点検・整備について


緊急連絡先カード

緊急連絡先カードの記入と携帯について


レース中の事故や大会期間中の発病など、万一のアクシデントに迅速かつ的確に対応するための情報を記入する「緊急連絡先カード」をご用意しました。
「緊急連絡先カード」は、疾病やアレルギーなど医療現場において事前に必要とされる情報を記入するカードです。
イベント時には必ず携帯してください。通勤やトレーニングなど、自転車に乗る際には携行することを強くお勧めします。Webからダウンロードしてぜひご活用ください。

●緊急連絡先カード(PDF版)はこちら

メンバー変更手続・代理出走について

チーム種目のメンバー変更について


2時間エンデュランス、チームタイムトライアル、5ステージ・スズカなどチーム種目の参加申込後にメンバー変更する場合は、募集期間内(7/22(月)まで)に下記スポーツエントリーのサイト〈SPORTS ENTRY〉にて変更手続きを行ってください。

※郵送お申込みされた方は大会事務局までご連絡ください。
※メンバー変更手続きは有料(500円/税込)になりますのでご注意ください。
※募集期間終了後(7/23(火)以降)のメンバー変更は「代理出走」で対応いたします(下記「■代理出走について」参照)。必ず代理出走手続きをしてください。
 代理出走手続きがないまま出場されたチームは失格となります。

【ウェブでのメンバー変更手続き】
スポーツエントリーのサイト〈SPORTS ENTRY〉にて有料(500円/税込)で受付いたします。

■第36回 シマノ鈴鹿ロード 個人種目(大会番号:79362)
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/79362

■第36回 シマノ鈴鹿ロード チーム種目(大会番号:79381)
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/79381

■代理出走について
何らかの理由で参加申込者本人が出場できない場合、代理出走を認めます。ただし、代理出走者は参加資格等の条件を満たしている人に限ります。代理出走者は必ず「代理出走届 兼 誓約書用紙」に記入し、期日までに FAX をお送りいただくか、競技スタートの1時間前までに特別受付(ピットNo.20)にて手続きをお済ませください。代理出走手続きをしないで出走したことが判明した場合、失格とします。(この場合、保険の適用も受けられません)
リザルトは代理出走者ではなく参加申込者の氏名で発表します。

● FAX受付期日:8/28(水)まで 
● FAX番号: (072) 340-1698
「代理出走届 兼 誓約書」(PDF)はこちらからダウンロードしてください。大会当日も特別受付(ピットNo.20)で入手できます。

その他のご注意

■競技者の責任
競技中の疾病、傷害に対しては応急処置をとりますが、それ以後のことに関しては本人が一切の責任を負わなければなりません。救護所以外での医療機関では初診料より本人負担となりますので、健康保険証を必ず持参してください。

■キャンセルについて
キャンセルの受付はいたしません。 お申込み後の参加料の返金はできませんのでご了承ください。

■バイクラック設置のお知らせ
ピットビル2・3階には自転車を搬入することができませんのでご注意ください。このため、ピットビル1階の表彰ステージ・PRブースエリア側にバイクラックを設置いたします。バイクラックをご利用する場合は必ず施錠して盗難防止に努めるようにしてください。

■自転車の管理
自転車の管理・盗難防止は必ずご自身でおこなってください。主催者はその責任を一切負いません。

■救護・事故届け
大会や競技中に発生した事故による負傷については応急処置はしますが、その後の処置は本人の責任とします。また、事故の大小にかかわらず必ず主催者(救護所)に届け出てください。

■競技に参加していない方の入場について
●入場料
割引入場券の発行はございません。ただし、参加者本人と同伴者2名までは無料です。

●当日券
大人(中学生以上)1,700円 
子供(小学生)800円  
幼児(3才〜小学生未満)600円
当日券での入場方法についてはこちら

パソコン用の画像 スマホ用の画像

熱中症対策について

熱中症は体が暑熱環境に慣れていない場合をはじめ、スポーツなどの活動中に筋肉から大量の熱を発生することや脱水によって起こります。短期間で急速に重症となる場合もありますので、十分にその危険性を認識し各自で万全な対策を行ってください。

●十分な睡眠・休憩をとって参加しましょう。
●朝食は必ず摂りましょう。
●こまめに水分、できればスポーツドリンクを取りましょう。
●大事なのはご自身の感覚!「いつもと違う…」と感じたら、すぐに救護所もしくは近くのスタッフへ連絡しましょう。
●レース後はシャワーやミスト扇風機でクールダウンを!

●予防策
温度条件によって変わりますが、発汗による体重減少の70~80%の水分補給を目標とします。のどが「乾いたな」と思ったときには既に遅く、体は脱水をしてきています。気温のとくに高いときには1回200ml~250mlの水分を15~30分ごとに摂取し、体温の上昇を抑えるようにしましょう。

●症状について
軽度の症状としては、手足や腹筋などに痛みをともなった痙攣が起きる、一時的な失神(数秒間程度)、脈拍が速く弱い状態になる、呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまい、などが見られます。 重度の症状はめまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐などが重なり合って起きます。

●熱中症の応急手当(具合が悪くなった場合には早めに運動を中止して、必要な手当をしてください)

1. 休息
安静にして衣服を緩める。また、必要に応じて脱がせ、体を冷却しやすい状態とする。

2. 冷却
涼しい場所で休ませ、水をかけたり濡れタオルを当てて扇ぐなど必要な冷却を行う。

3. 水分補給
意識がはっきりしている場合に限り、水分補給を行う。意識障害があったり吐き気がある場合には、医療機関にまかせる。
※会場内の救護所はこちら




ページのトップへ戻る